狂犬病に焦点を当てて戦います

WSAVA の獣医学委員会はグローバルに違いを演出します

2015年9月28日の日曜日に世界狂犬病日が開催されました。この年に一度のこの日には、この恐ろしい病気によって引き起こされる状況に注目されます。私たちの予防接種ガイドライングループと、ワンヘルス委員会とWSAVA財団のAFSCANのプロジェクトの仕事を通じ、我々は2030年までに狂犬病を排 除する目標を持つグローバルな狂犬病のコントロールの先頭に立って、主要な国際機関と一緒に行動するように、私たちのグローバルな獣医学の委員会を動員していま す。

しかし、それはちょっと私たちの委員会のレベルの問題ではないのですが、私達はそれらに違いを生むことができます。私たちのメンバー協会の多くは、彼らの地域で狂犬病に対抗するために取り組んでいる会員で、自主的な団体をリードしているフィリピンの動物病院協会(PAHA)と政府と協力している、スリランカの伴侶動物の開業医(SCAP)の協会は、ブルーポウ・トラストとの仕事を通じて、ペットの飼い主の責任のプロジェクトとの関わりを持つ、ネパールの獣医開業医協会(VPAN)とネパールのワン・ヘルス連合とタイの獣医開業医協会等と連携しています。

各々の個人のレベルでは、我々はすべてのヘルプをすることもできます。我々のパートナーの世界的な連合は、狂犬病に対する(GARC)、世界全体でのリスクの社会への狂犬病に関する正確な、救命情報の普及を支援するために、無料のオンラインコースを開発しました。フィリピンの動物病院協会(PAHA)のDr Edgar Unson,会長は、それらのためのコースを修了しました。彼は言うには: "獣医師として、私は内容の一部には精通していたが、私はコースが非常に有用であることが理解できました。- 特に狂犬病の対策のセクションに焦点が当てられ、それは草の根レベルでの狂犬病の対策です。そのための準備と装備がうまく機能するかが、いかに重要であるかが強調されています。それは私たち自身の個々のプログラムに焦点を当てることは容易であるが、それは、ときどきこれらは慎重になりすぎることがあります。最も良い臨床を行うには計画を立てることを忘れずに、必要な調整やコミニケーションを行うことです。

「コースは私の場合は1.5時間だけ掛かりましたが、私は確かに仲間WSAVAのメンバーにそれをお勧めします、間違いなく価値がありました。今日の小動物の開業医はは、ぜひにこの狂犬病の除去に関係を持ってもらいたいのです。この問題は一つのグループが独自に取り組むことはあまりにも大きな仕事です。我々は、着実に狂犬病の除去について学び、私たち自身のグループや地域社会に影響を与えた後、私たちの目標を達成するために協力しなければなりません。

「PAHAでは、例えば、私たちの首都、マニラのケソンシティー地区にコーディネート、同期プロジェクトを実行するために、私たちの仲間の地元の獣医グループ、個人の開業医、国の政府局の動物産業医(BAI)、地方自治体やNGOとの連携を開始しました。狂犬病は残念ながらまだ存在している、我々の目指す希望は、2016年3月にフィリピン全体にそれらを作り出すことです。」

GARCの狂犬病教育証明書を得てください

 世界狂犬病日のWSAVAのプレスリリースを読んでください

Post new comment

The content of this field is kept private and will not be shown publicly.
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.